信州、長野の観光情報サイト THE信州  信州の秋のイベントや信州の温泉宿など気になる情報が盛りだくさん!

THE信州
米子大瀑布  

イベント

 口コミのHOT!HOT話

ホットニュース

たべる

みる

体験

イベント

 

 野沢温泉の秋祭り湯澤神社例祭 燈籠祭り

野沢温泉村の氏神湯沢神社の秋の例祭である燈籠祭りが9月8日(金)・9日(土)に行われる(毎年同日)。1日目の夜祭りは会場の大湯通りに多くの屋台が並び、夜7時半頃になると打ち上げ花火を楽しみにしていた人々が大勢、浴衣姿で通りに繰り出し賑わいをみせる。夜8時からお練りが出発。神の先導者として道を開く猿田彦命のシメ切りの舞が行われ、子どもが扮した三十六歌仙の舞、獅子舞などが披露される。時折、奴燈籠を持った子どもが獅子舞の合間に、燈籠のたたき合いをするのも見どころ。2日目はみこしの練り歩き。

野沢温泉観光協会 tel.0269(85)3155/北陸新幹線飯山駅から直行バス25分

 

  「みのり」「匠」「知恵」の秋第18回八ヶ岳まるごと収穫祭

八ヶ岳中央農業実践大学校芝生広場を会場に、地元で採れた野菜、鉢花や果物、クラフト作品等の販売のほか、巣箱作り、手作りバター、漬物作りや、ハロウィンかぼちゃ加工などの体験ができる。また、B級グルメや豚汁の振舞い等、飲食ブースもあるので1日楽しむことができる。10月28日(土)・29日(日)。

原村商工会 tel.0266(79)4738/中央自動車道諏訪南ICから車15分

 

 標高1,200mを越える奈川に育つ蕎麦の味は格別!!奈川の新そば10月1日解禁!

松本市を代表するそばの山里 奈川では10月1日(日)を”新そば解禁日”としてこの日から各そば店や旅館・民宿で新そばを味わうことができる。特に地区内でのみ栽培されている「奈川在来種」は貴重で、松本市内でもなかなか味わう事ができないが、解禁日より堪能できる。また、奈川発祥の名物「とうじそば」は、10月のみ「松茸とうじそば」となりオススメ。10月1日~11月5日は{秋の新そばまつり」、11月11日~19日は{奈川在来そば週間」を開催。また、10月15日(日)(予定)には、ながわ山彩館にて「そばイベント」を行う。

ながわ観光協会 tel.0263(79)2125/長野自動車道松本ICから車1時間

 

 秋深まる上高地・北アルプスへ明神池お船まつり

秋は上高地・北アルプスの彩りが、ますます深まる季節。北アルプスの紅葉は、涸沢では例年9月下旬から10月上旬、上高地河童橋周辺のカラマツの黄葉は例年10月中旬頃。初冠雪の穂高連峰を仰ぎながら、木々が、黄金色に輝く風景は必見。秋風の中、終盤を迎える上高地で、登山やトレッキングを楽しもう!
10月8日(日)には上高地明神池で、恒例の穂高神社「明神池お船まつり」(穂高神社奥宮例大祭)を開催。山の安全を感謝する古式ゆかしい祭りで、美しい平安朝の絵巻物を思わせる明神池のロケーションとあわせて、神秘的な雰囲気が漂う。

穂高神社 tel.0263(82)2003/明神池へは上高地バスターミナルから徒歩約60分

 

 ダイナミックな白馬三山栂池自然園紅葉まつり

全長4,120mの日本で2番目に長いゴンドラリフトとロープウェイを乗り継ぎ約40分で到着する栂池自然園で「栂池自然園紅葉まつり」を9月23日(土・祝)〜10月1日(日)に開催。見事な三段紅葉が楽しめ、まるで錦絵のような光景が広がる。

小谷村観光連盟 tel.0261(82)2233/栂池高原駅までJR大糸線白馬駅からバス25分

 

  翌朝のご来光も楽しめる流星群観察会

深夜に流星群を眺める「流星群観察会」。夜のゴンドラリフトに乗って山の上から空を見上げれば、 格別に美しい星空が広がる。星空だけでなく。眼下に広がる白馬の夜景やご来光も楽しめる。8月11・12日「ペルセウス座流星群」、10月21日「オリオン座流星群」。上りリフト19時10分〜、下りリフト翌朝8時〜。大人6,900円、小人4,500円(ゴンドラリフト往復乗車代、星空案内料、夕・朝食代込)。参加希望日前日の12時までに要申込。

●【八方尾根うさぎ平会場】白馬観光開発(株)八方営業本部 tel.0261(72)3280

 

 参加者募集中!小海“紅葉”ウォーク

雄大な八ヶ岳山麓、緑豊かな松原湖高原で「小海町紅葉ウォーク」を10月15日(日)に開催。コースは8km・6kmの2コースを設定。参加費は大人1,000円(10月9日応募締切)、当日受付も可。8kmコースは紅葉が美しい松原湖畔の水辺公園にある「北風小僧の寒太郎」歌碑が見どころ。懐かしいメロディーが響く。歩き終わった後は、八ヶ岳を望む温泉「八峰の湯(ヤッホーの湯)」でリフレッシュ!

●実行委員会(小海町役場観光係) tel.0267(92)2511/松原湖高原へはJR小海線小海駅からバス20分

 

  家族で楽しむ滝沢牧場祭フリーマーケットも開催!

八ヶ岳の麓、野辺山高原にある滝沢牧場で「第26回滝沢牧場祭」を10月1日(日)に開催。ビンゴ大会や、野外コンサート、フリーマーケットなどを開催。牛の乳搾り体験や、乗馬、トラクター遊覧車、四輪バギー、トランポリンなどイベントが充実し家族で楽しめる。「ショートマラソン(牧場1周)」も皆で大盛り上がり。また「野辺山高原マルシェin滝沢牧場」も同時開催。入場無料。

滝沢牧場 まつり実行委員会 tel.0267(98)2222/JR小海線野辺山駅から車5分

 

  第2回 クラフトフェア in 北竜湖 2017

飯山市の北竜湖畔で「クラフトフェアin 北竜湖2017」を10月7日(土)・8日(日)に開催。自然豊かな北竜湖に佇む、文化北竜館を会場に手作りクラフト展や食の屋台村、温泉、北竜湖でのカヌー体験など、1日中楽しく過ごせる企画がたくさん。信州信越郷「写真絵画展」「Bestハートコンテスト」も同時開催。

文化北竜館 tel.0269(65)3121/北陸新幹線飯山駅から車20分(北竜湖への道幅が広くなり会場へのアクセスが簡単に!)

 

  長野県最大級信州須坂大菊花展

須坂市の秋を彩る恒例のイベント「信州須坂大菊花展」を10月25日(水)〜11月12日(日)に開催。須坂市動物園のある臥竜公園内特設会場には毎年500〜600鉢が展示される。入場無料。

須坂市 商業観光課 tel.026(248)9005/上信越自動車道須坂長野東ICから車15分

 

  日本有数の巨峰の産地でぶどうまつりを開催

JA農産物直売所「信州中野いきいき館」ではフレッシュな果物と、地元農家による新鮮で安心・安全な野菜を販売。採れたての美味しさを、リーズナブルな価格で毎日ご提供。毎年恒例の「ぶどうまつり」を9月23日(土)に開催。9〜15時。巨峰やナガノパープル、シャインマスカットなど約30種類のぶどうをすべて計り売り。試食をしながら選ぶ事ができる。稀少品種は早いもの勝ち!贈答用にもおすすめ。

信州中野いきいき館 tel.0269(26)1186/9〜18時/上信越自動車道信州中野ICから車10分

 

  貴重なヴィンテージピアノ『スタインベルク』を使用したコンサートを開催

佐久穂町にある1927年ドイツ製ヴィンテージピアノ『スタインベルク』は住民による再生事業で蘇った貴重なもので、国内では数台しか確認されていない。町の生涯学習館では、このピアノを使ったコンサートを開催する。「JR小海線まつり」と合わせて第1回目となるジャズフェスティバルも開催し、日本を代表する4つのジャズグループが出演する。

9月9日(土)「入山ひとみ ジャズ・ヴァイオリン・デュオ」*

10月1日(日)「小さなジャズフェスティバル」

11月18日(土)「小澤英世+安井陽子 デュオコンサート」

11月26日(日)「リレーコンサート」*

*印は無料のコンサート

佐久穂町 公民館 tel.0267(86)2041(月曜休館)

 

  奥信越・津南町で開催越後妻有クラフトフェア2017

長野県との県境、新潟県津南町にあるビッグなリゾートホテル「ニュー・グリーンピア津南」を会場に「第10回越後妻有クラフトフェア」が9月9日(土)・10日(日)に開催される。全国から集まる約100人のクラフト作家による作品を出品、展示販売。木工・金属・ガラス・布・石・陶芸・染織・紙・皮革など、こだわりの逸品が勢ぞろい。地元屋台コーナーでの飲食ブースもある。入場・駐車場無料。

●「モリクラフト」山田和雄 tel.025(765)4934/開催場所=ニュー・グリーンピア津南 tel.025(765)4611/上信越道豊田飯山ICからR117経由で約70分

 

  ゴンドラに乗って、標高1,400mの“天空の楽園”へ。日本一の星空ナイトツアーが人気

美しい自然の残る阿智村は環境省認定の日本一の星空の里。ヘブンスそのはらのゴンドラに乗って、標高1,400mの終着駅付近から星空を眺める「天空の楽園~日本一の星空ナイトツアー」を10/21まで開催(除外日あり)。期間中は場内いっぱいに天体望遠鏡を並べた天体観測イベントや、大人気の星のお兄さんの爆笑スターライトショーなど、夜の旅を盛り上げる各種イベントも実施。ゴンドラ料金大人2,200円、小中学生1,000円。

阿智☆昼神観光局 tel.0265(43)3001/ナイトツアー会場へは中央自動車道園原ICから車5分、飯田山本ICから車25分

 

  ちっちゃな村に灯る、ほっこりな夢のあかりキャンドルの灯りが幻想的な風景を作り出す 秋山郷の夢灯(ゆめほ)

夢灯は標高1,000m、秋山郷上野原地区の“天池(あまいけ)”、そしてその周辺の森に600個のキャンドルを灯すイベント。白樺などの樹木に囲まれた池に、キャンドルの淡い光が水面に映り込み、神秘的なたたずまいを演出。水面にゆらゆらと映るキャンドルが狐火に見えることから、「天池のきつねのコン親会」という副題がついている。山里の小さな手づくりイベントながら、大きな感動を与えてくれるはず。今年は9月23日(土)開催予定。当日は秋山郷のお宿に宿泊がオススメ!

栄村秋山郷観光協会 tel.0269(87)3333/JR飯山線津南駅から車50分

 

Copyright (C) 2008 The Sinshu. All Rights Reserved.