信州、長野の観光情報サイト THE信州  信州の秋のイベントや信州の温泉宿など気になる情報が盛りだくさん!

THE信州
 

みる

 口コミのHOT!HOT話

ホットニュース

たべる

みる

体験

イベント

 

 年に2回だけ放流される幻の滝“樽滝”

幻の滝と呼ばれ、毎年5月8日と10月(今年は22日)の2日間だけ放流される樽滝。彩る紅葉の中、高さ50mの岩盤から落水する真っ白い水が見事なコントラストを魅せる。毎年多くの写真愛好家が訪れている。場所は千の平 国道403号沿い 樽見橋。

木島平村観光協会 tel.0269(82)2800/JR飯山駅から車20分

 

 紅葉の米子大瀑布マイカー規制とシャトルバス運行

不動滝・権現滝の2滝からなる米子大瀑布は、日本の滝百選に選ばれている。駐車場から滝までは徒歩約30分。1周1時間30分程度のトレッキングコースがある。林道米子不動線は、紅葉シーズンの土・日曜はマイカー規制のため、湯っ蔵んどからシャトルバスを運行。運行日は10月14・15・21・22日(28・29日は紅葉の状況により実施)。料金大人往復1,300円、小人650円。※7・8・9日と10〜27日までの平日はマイカーの乗り入れが可能(協力金1台500円)。

須坂市 商業観光課 tel.026(248)9005/湯っ蔵んどへは上信越自動車道須坂長野東ICから車20分

 

 野沢温泉の秋祭り湯澤神社例祭 燈籠祭り

野沢温泉村の氏神湯沢神社の秋の例祭である燈籠祭りが9月8日(金)・9日(土)に行われる(毎年同日)。1日目の夜祭りは会場の大湯通りに多くの屋台が並び、夜7時半頃になると打ち上げ花火を楽しみにしていた人々が大勢、浴衣姿で通りに繰り出し賑わいをみせる。夜8時からお練りが出発。神の先導者として道を開く猿田彦命のシメ切りの舞が行われ、子どもが扮した三十六歌仙の舞、獅子舞などが披露される。時折、奴燈籠を持った子どもが獅子舞の合間に、燈籠のたたき合いをするのも見どころ。2日目はみこしの練り歩き。

野沢温泉観光協会 tel.0269(85)3155/北陸新幹線飯山駅から直行バス25分

 

 樹齢250年!圧巻の七色大カエデの紅葉

池田町大峰高原のシンボル、七色大カエデ。樹齢250年と言われている大カエデは、高さ12m、直径15m。秋になると緑、黄、橙、赤など七色に変化し、多くの人を魅了する。この美しさに惹かれ毎年足を運ぶ人も。10月上旬より紅葉が始まり、見頃は10月中・下旬頃。観光協会のブログをチェック!
池田町の“秋”を楽しむイベントをご紹介!

◆10月14日(土)、昔の鉄道跡をガイドマスターの案内で行く「池田鉄道跡を巡る」。

◆11月4日(土)、白樺や七色大カエデの紅葉を楽しむ「大峰高原紅葉散策」。

池田町観光協会 tel.0261(62)9197/長野自動車道安曇野ICから車40分

 

 ダイナミックな白馬三山栂池自然園紅葉まつり

全長4,120mの日本で2番目に長いゴンドラリフトとロープウェイを乗り継ぎ約40分で到着する栂池自然園で「栂池自然園紅葉まつり」を9月23日(土・祝)〜10月1日(日)に開催。見事な三段紅葉が楽しめ、まるで錦絵のような光景が広がる。

小谷村観光連盟 tel.0261(82)2233/栂池高原駅までJR大糸線白馬駅からバス25分

 

  長野県最大級信州須坂大菊花展

須坂市の秋を彩る恒例のイベント「信州須坂大菊花展」を10月25日(水)〜11月12日(日)に開催。須坂市動物園のある臥竜公園内特設会場には毎年500〜600鉢が展示される。入場無料。

須坂市 商業観光課 tel.026(248)9005/上信越自動車道須坂長野東ICから車15分

 

 国の名勝・天然記念物指定 『清津峡』七色に輝く紅葉と日本三大峡谷の秋景色

雄大な柱状節理の岩肌と、清津川のダイナミックな景観が訪れる人々に深い感動を与える清津峡。紅く色づく木々と峡谷のコントラストが美しい秋は、最も人気の季節。「清津峡渓谷トンネル」では間近で柱状節理の岩肌や、日本有数の峡谷をパノラマで鑑賞できる。清津峡から車で約30分の国の名勝・天然記念物指定「田代の七ツ釜」もオススメ。

清津峡渓谷トンネル tel.025(763)4800/入坑料大人600円/関越自動車道 塩沢・石打ICから車20分

 

 絶景が心を癒す白馬岩岳秋の森マウンテンビュー

ゴンドラリフトに乗って、秋の北アルプスの絶景を楽しもう! 夏のゆり園(8月27日まで)が終われば木々が紅葉で彩る秋! 「白馬岩岳秋の森マウンテンビュー」の営業期間は9月30日(土)〜11月5日(日)。ゴンドラリフト「ノア」で標高1,289m、片道8分の山頂エリアまで昇ると3,000m級の北アルプスの絶景と360度の大パノラマが広がる。運賃大人往復1,800円、小児往復1,000円。ペットも一緒にゴンドラに乗車可(600円)。山頂には小-中型犬が無料で利用できる「わんわん広場」あり。森林浴を楽しむウォーキングコース「ねずこの森&ブナの森パーク」もあり、癒しの森を体感できる。営業時間は8時30分〜16時。

白馬観光開発(株)岩岳営業本部 tel.0261(72)2474/JR大糸線白馬駅から車10分

 

  ちっちゃな村に灯る、ほっこりな夢のあかりキャンドルの灯りが幻想的な風景を作り出す 秋山郷の夢灯(ゆめほ)

夢灯は標高1,000m、秋山郷上野原地区の“天池(あまいけ)”、そしてその周辺の森に600個のキャンドルを灯すイベント。白樺などの樹木に囲まれた池に、キャンドルの淡い光が水面に映り込み、神秘的なたたずまいを演出。水面にゆらゆらと映るキャンドルが狐火に見えることから、「天池のきつねのコン親会」という副題がついている。山里の小さな手づくりイベントながら、大きな感動を与えてくれるはず。今年は9月23日(土)開催予定。当日は秋山郷のお宿に宿泊がオススメ!

栄村秋山郷観光協会 tel.0269(87)3333/JR飯山線津南駅から車50分

 

Copyright (C) 2008 The Sinshu. All Rights Reserved.