信州、長野の観光情報サイト THE信州  信州の冬のイベントや信州の温泉宿など気になる情報が盛りだくさん!

THE信州
バナー広告  

信州の彩り

THE信州スタッフが各地を日々取材や風景の撮影などでおじゃましていますので

スタッフが見たり聞いたりしたことをご紹介します。

バックナンバーです。

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2018年 1 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2017年 1 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2016年 1 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2015年 1 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2014年 1 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

  2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年

 

市町村マップはこちらへ。

 

THE信州おすすめブログ

 信州*山の色=川の音(信州各地を撮影しているカメラマンのブログです)

2015年1月のデータです。

八千穂高原の白樺林周辺の道路はご覧の積雪。この辺りとしては多い方です。 気温ー6℃。白樺林は霧氷の森となっていました。

 

 

フリーライドパーク:今年は第1リフト横に造ってありました。今年も私は見るだけです。

 

第1コースの上部からフリーライドパーク、センターハウスを見るとこんな感じです。結構斜度がありますので暴走しないように気を付けて!

 

チビッコ達にも安心の緩斜面がいくつもありお父さんレッスンにも最適です。

 

 

眼下に浅間山がよく見える第4コース。ここのスキー場一番のビューポイントです。

 

撮影日:1月24日 佐久穂町 八千穂高原スキー場

週末久々の晴天で八千穂高原スキー場へ行ってきました。今年は積雪が多くスキー場までの道のりで、結構雪が積もっていてビックリです。日本一の白樺林の八千穂高原一帯は放射冷却で冷え込んだおかげで一面霧氷の森となっていてすごく奇麗でした。

スキー場もこの時期は一番雪質が良く晴天の中気持ちよく滑って楽しんできました。


 

世界の民俗人形博物館に入ると一番最初にお出迎えしてくれる華やかな人形です。

 

これが高さ6m、30段、1,000体のお雛様が飾られているメイン会場で、ぼんぼりで形作られたハートマークが今年も健在です。

世界の民俗人形博物館の中で、この展示エリアは写真撮影OKです。

 

毎週 水、木の11:20~と17:30~の1日2回 むさしのFM で「THE信州耳より情報」を放送していますが、今回三十段飾り千体の雛祭りのオープンに合わせて、パーソナリティの宮原靖子さんに来ていただき現地から生放送していただきました。

 

こちらは須坂版画美術館の展示エリアです。よーく見ると中央になにか見えてきませんか?何か意味有りげな五色の生地と...

信州をよくご存知の方はピーンときた方もいるかもしれません。目を少し細めてみると善光寺さんの本堂に見えてきませんか?

今年は七年に一度の善光寺ご開帳の年で、それにちなんでおひな様を並べたそうです。何か御利益ありますように!

 

歴史的建物園 こちらは江戸時代や、明治の頃の民家を再現した公園になっていて、部屋の中にご覧のような雛飾りがあり無料で見て回ることが出来ます。

撮影日:1月21日 須坂市 三十段飾り千体の雛祭り

須坂市で信州で一番早い雛祭りがいよいよ今日から始まりました。

三十段飾り千体の雛祭りと題して始まったこのイベントも、現在では6,000体を超えるお雛様が飾られているそうです。

メイン会場の世界の民俗人形博物館ではオープン初日ということもあり、朝から多くのマスコミの方が訪れ取材が行われましたが、THE信州でもコミュニティラジオ むさしのFM さんの番組内で提供しています「THE信州耳より情報」でパーソナリティの宮原靖子さんをお迎えして生放送でオープンの様子をお伝えしました。

この三十段飾り千体の雛祭りは

  世界の民俗人形博物館では 4月19日まで

  須坂版画美術館、歴史的建物園では 5月31日まで 行われています。

           詳しくは (一財) 須坂市文化振興事業団 のホームページをご覧ください。


 

南相木村 立岩湖

 

立岩湖: これはシナノユキマスです。南相木村ではシナノユキマスの普及や釣り人の誘客に力を入れていますのでちょうど写真を撮る事が出来てよかったです。

 

立岩湖:シナノユキマス

 

立岩湖:ファミリーやカップル1組も居ません。ここは玄人好みの湖なんでしょうか? いえいえそんなことはありません。たまたまこの日は人が少なかったのですが、先週の土曜日なんかはものすごい人だったそうですよ!

 

小海町 松原湖: 立岩湖と対照的にこちらは賑わっていました。

 

松原湖

 

松原湖: こちらのご家族なんと大きなイワナを釣り上げていました。渓流釣りではなかなかお目にかかれない大物です。

 

松原湖: 改めて撮らさせていただきましたがこれは尺物です 。 すごい!

 

松原湖

撮影日:1月12日 南相木村小海町の穴釣り

JR小海線の沿線には冬の風物詩の一つでワカサギの穴釣りが楽しめる所がいくつかありますが、今朝は南相木村の立岩湖と、小海町の松原湖の様子を見てきました。

どちらも前日の夜10センチ程雪が降りましたので山の景色がきれいでした。


 

滝まで整備された小径が続いていますが、

通路はかなり凍っています。足元にお気をつけ下さい。

撮影日:1月8日 北相木村 大禅の滝

 

北相木村の大禅滝の氷柱を見に行ってきました。

駐車場から滝までは良く整備された小径で10分程で行けますが、現在足元はツルツルピカピカテッカテカの雪道と言いますか、氷道になっていてかなり気を付けて歩かないとスッテンコロリンコロコロリンって感じでした。

10分程の緩やかな登りの道もツルツルの氷の道と階段で息があがってしまいました。

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

この大禅の滝は上から流れ出る水が冬の間凍結し、氷柱が地上からモコモコと伸び始め、2月の厳寒期には高さ30mの大氷柱になるとっても有名な滝です。

2月15日にはこの場所で「氷まつり」が開催され、太鼓演奏やステージショー、餅のふるまいなどが予定されています。(ちなみに去年は大雪のためお祭りが中止になりましたので、興味のある方は開催の有無をご確認ください。)

 

現在の高さは半分より少し上と言った所で、

冷え込みが続けばあっという間にてっぺんに届いてしまうのでしょうか?

これが大禅の滝です。

大氷柱がてっぺんに届くにはまだまだ先でしょうか

 

大禅の滝から3分程で行ける小禅の滝です。

そびえ立つ岩山に圧倒されます。

小禅の滝もこれからまだまだ大きくなります。

 

広い地域で信仰されている山ということで、所々に観音様が建てられています。

 

見学中気温は -3℃ でした。 きっと見ている間も氷柱は伸びていたことでしょう。

Copyright (C) 2008 The Sinshu. All Rights Reserved.