信州、長野の観光情報サイト THE信州  信州の冬のイベントや信州の温泉宿など気になる情報が盛りだくさん!

THE信州
バナー広告  

信州の彩り

THE信州スタッフが各地を日々取材や風景の撮影などでおじゃましていますので

スタッフが見たり聞いたりしたことをご紹介します。

バックナンバーです。

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2018年 1 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2017年 1 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2016年 1 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2015年 1 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2014年 1 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

  2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年

 

市町村マップはこちらへ。

 

THE信州おすすめブログ

 信州*山の色=川の音(信州各地を撮影しているカメラマンのブログです)

2015年9月のデータです。

松本市奈川 タカの渡り

タカが頭上を通過すると一斉にカメラマンの連写が始まります。

 

松本市奈川 タカの渡り

白樺峠の山頂は劇場のようにひな壇が作られていて、多くのカメラマンが陣取り、普段では見た事のないすごい光景が・・・

 

松本市奈川 タカの渡り

 

松本市奈川 タカの渡り

 

松本市奈川 タカの渡り

 

松本市奈川 タカの渡り

シルバーウィーク真っ只中!家族連れもかなり多かったです。

撮影日:9月22日 松本市奈川 タカの渡り

ここ数年一般の人にも話題になってきました松本市奈川の白樺峠で「タカの渡り」を見てきました。(私は今回で2回目ですが、正確に言うと、タカの渡りを見ている人を見てきました。タカの写真を一枚も撮っていませんので。)

この観察地は全国でも有名で、日本一多くの種類を観察できる場所との事で日本中から愛好家が訪れます。駐車場の車のナンバーを見るとなるほど・・・とうなずけるほどいろんな地域のナンバーで埋め尽くされていました。

ところでみなさんタカやワシの猛禽類が渡り鳥という事をご存知ですか?日本で夏を過ごした多くのワシ、タカは秋になると寒い冬を越すため東南アジアなどに渡って行くそうです。東日本エリアのワシ、タカは目の前にそびえ立つアルプスの峰々を超えなくてはならず、松本平から乗鞍山を結ぶ比較的低いこのルートを選んで通過するとの事です。(愛好家の方から聞いた話です。間違っていましたらすみません。)

そんな渡りを間近で見る事が出来るこの観察地「タカ見の広場」は、本日来場者は300人ほどいたでしょうか。今回シルバーウィークともあり大変な賑わいで、ファミリーやカップルなど野鳥観察の専門家以外の方も多く来場されていました。

後日「速報・白樺峠のタカの渡り(信州タカ渡り研)」で22日の渡りの数を見てビックリ!この日は1584羽のタカが白樺峠を越えて渡って行ったようです。私が見ていた2時間程の時間でもかなり多くのタカが頭上を通過していました。タカも下を見てさぞかしビックリしたでしょう。『あれ、去年より人が多いね〜』なんてね!

ながわ観光協会


 

奈川のそば畑

 

奈川のそば畑

 

奈川のそば畑,そばの花

撮影日:9月3日 松本市ながわ

秋雨前線や台風の影響でもうかれこれ2週間程天気が悪く、ほとんど毎日雨が降っていましたが、松本エリアのそば処、奈川地区の秋そばの花が見頃を迎えましたので見に行ってきました。

長雨のせいでだいぶそばの苗が倒れてしまった所もありましたが、上の写真のように一面にそばの花が咲き誇っている畑も沢山あり見応えがありました。

また畑の周辺では、もうススキやワレモコウなどが見え始め秋の気配が感じられました。

10月1日よりいよいよ秋の新そばまつりが始まり、この秋収穫した新そばを堪能する事が出来ます。 ながわ観光協会

ススキ
フウロ ワレモコウ
Copyright (C) 2008 The Sinshu. All Rights Reserved.