信州、長野の観光情報サイト THE信州  信州の秋のイベントや信州の温泉宿など気になる情報が盛りだくさん!

THE信州
広告  

信州の彩り

THE信州スタッフが各地を日々取材や風景の撮影などでおじゃましていますので

スタッフが見たり聞いたりしたことをご紹介します。

バックナンバーです。

2017年 1 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2016年 1 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2015年 1 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2014年 1 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2013年 1 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月
 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月
 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

 

市町村マップはこちらへ。

 

THE信州おすすめブログ

 信州*山の色=川の音(信州各地を撮影しているカメラマンのブログです)

2016年 2月のデータです。

撮影日:2月27日 新潟県津南町 ニュー・グリーンピア津南 スカイランタン

スカイランタンは、タイや中国のお祭りで打ち上げられる熱気球の一種で、コムロイや 天灯(てんとう)とも呼ばれます。 発祥は、今から770年前までさかのぼり、当時は通信手段に使われたと言われています。 現在は、無病息災を祈る民俗習慣として定着しており、夫婦や恋人同士が打ち上げる 特別なイベントとして、メッセージを書き添えて天に祈りを届けています。
グリーンピア津南では、スカイランタン体験を毎日行われております。 春休みの雪国体験と思い出に、願いを込めて夜空に舞うスカイランタンに参加してみてはいかがでしょうか。
■開催日 毎日開催
■時 間 平日 18:00~ 土曜日 18:00~ 20:00~ (2回) ■参加費 1個 500円
■申込み フロントへお申込みください


 

妙高山を背景に道の駅しなのふるさと天望館

 

妙高山

 

黒姫山:ワカサギ釣りの屋形船がいい場所に居てくれました。

 

黒姫山:板ガラスのような薄い氷が岸辺に打ち寄せられてすごく奇麗です。これって流氷って呼んでいいですか?

撮影日:2月18日 信濃町 野尻湖

前日の雪のおかげで黒姫山や妙高山を望む野尻湖周辺は奇麗な雪景色となり、朝方冷え込み野尻湖到着時には-10℃の世界で岸辺の湖面が凍っていました。

よく見ると積雪的には大したことがなく、新雪は5㎝程だと思いますが木にうっすらと積もった光景が奇麗でした。

ここ野尻湖でも冬のワカサギ釣りが楽しめますが、全面結氷しないため屋形船に乗って釣りを楽しむようです。写真に写っている屋根付きの船があちらこちらに10隻ほど浮かんでいました。

信州しなの町エコツーリズム観光協会


 

北陸新幹線飯山駅内にある観光交流センター 

 

 

撮影:2月11日

 

撮影:2月11日

 

以下は2月13日撮影です。

撮影日:2月13、14日 飯山市 「第34回いいやま雪まつり&かまくら祭り」 

北陸新幹線飯山駅が開業して初めての「いいやま雪まつり」「かまくら祭り」が2月13日、14日に行われました。
今年は、暖冬による雪不足で鍋倉高原からトラック250台分の雪を運び例年どおり大型雪像が作られました。メイン会場では、ゴムチューブで滑る「スノーライダー」子供向けのスキージャンプ台もあり親子連れで賑わっておりました。
又、飯山市と観光交流都市協定を結んでいる富山市など北陸地方の団体も出店してカキやカニなどの海産物も販売されました。

かまくらの里(外様地区)では、雪原に20基のかまくらや長さ20mの新幹線車両の形をしたかまくらが作られ、記念撮影を楽しむ人たちで賑わっておりました。
両会場とも、今年は外国からのお客様が大勢訪れており、日本の雪国文化を楽しんでおられました。

一般社団法人 信州いいやま観光局


 

浅間山を正面に望む八千穂高原スキー場の第4コース

 

第3コースを使ってシニアのチャレンジカップが行われました。

 

ファミリー層に人気のスキー場です。キッズのスクールも充実しています。

 

小海町の松原湖高原にあるリゾートコテージです。八峰の湯と組み合わせたコテージに滞在して湯治をするキャンペーンも人気です。

 

松原湖のワカサギ釣りです。例年より遅かったのですが今は全面結氷してワカサギの穴釣りが楽しめます。

撮影日:2月11日 佐久穂町 八千穂高原スキー場小海町 松原湖高原

八千穂高原スキー場の様子を見てきました。

本日はものすごくいい天気で正面の浅間山がくっきりと見え、気温が比較的低くかったのでゲレンデの雪質も良く1日いいコンディションでした。

第3コースでは午前中コースを閉鎖してシニアのチャレンジカップが行われていましたが、終了後すごく手際よく撤収されてあっという間にコースオープンしたのを見てちょっと感激しました。

八千穂高原スキー場の帰り際近くの松原湖高原の冬のコテージや氷上ワカサギ釣りなども見学してきました。

この冬「松原湖温泉 八峰の湯 湯治キャンペーン」と銘打ってコテージに泊まって近くの八峰の湯に浸かったり、ワカサギ釣り体験を楽しんだりのプランも用意されています。詳しくは(一社)小海町開発公社をご覧ください。


 

撮影日:2月7日 山ノ内町 地獄谷野猿公苑

外国人旅行客に絶大な人気を誇るスノーモンキー。

ここに紹介しました写真はカナダ在住のカメラマンLuka Kojima氏の写真です。THE信州に縁のあるLuka Kojima氏は現在日本に滞在中ですので、また信州各地の取材が出来ましたらご紹介したいと思います。

Luka Kojima氏のWeb sit LUKESTER0506


 

撮影日:2月7日 信濃町 福ふく豆まき大会

道の駅しなのふるさと天望館で「福ふく豆まき大会」が行われました。

みんなが公平に取りやすい様にと、一般、敬老、キッズとエリアが分かれていて「鬼は〜そと 福は〜うち」のかけ声に合わせお菓子や豆などがまかれていました。

豆まきの後には餅つきも行われて、重い杵をヨイショっと振りかざしチビッコ達のついた餅も振る舞われました。

道の駅しなのふるさと天望館

Copyright (C) 2008 The Sinshu. All Rights Reserved.