信州、長野の観光情報サイト THE信州  信州の秋のイベントや信州の温泉宿など気になる情報が盛りだくさん!

THE信州
広告  

信州の彩り

THE信州スタッフが各地を日々取材や風景の撮影などでおじゃましていますので

スタッフが見たり聞いたりしたことをご紹介します。

バックナンバーです。

2017年 1 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2016年 1 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2015年 1 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2014年 1 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2013年 1 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月
 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月
 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

 

市町村マップはこちらへ。

 

THE信州おすすめブログ

 信州*山の色=川の音(信州各地を撮影しているカメラマンのブログです)

2016年 3月のデータです。

撮影日:3月29日 中野市 まちかど土びな展

中野市で恒例のまちかど土びな展を見てきました。

この企画は中野市の商店街でそれぞれのお店が持っている土びなを店先に飾り、商店街を散策しながら見て回るというもので、店主の粋な計らい(お茶飲んでけ〜、コーヒー入れたるわ〜)などもあり、時間にゆとりを持って見ていただきたい企画です。

市内の中心部にある、中野陣屋・県庁記念館では中野土人形の他、全国の土人形を個人で集められた牧 基之さんのコレクションを所狭しと飾られていて見応えがありました。

まちかど土びな展は4月1日まで見て回る事が出来ます。

3月31日中野土びな展示即売会です。数に限りがあるので購入には抽選会に参加する必要があります。詳しくは 中野ひな市ホームページ をご覧ください。

観光の総合案内は 信州なかの観光協会


 

撮影日:3月19日 栄村 さかえ雪ん子まつり
全国でも有数の豪雪地として知られる栄村。 今年は、例年になく雪が少ないシーズンでしたが 「雪を楽しみに変えよう」を合言葉に始まったのが 「さかえ雪ん子まつり」 です。 さかえ倶楽部スキー場も20周年を迎え、スキー・スノーボードファンからも多くの人たちから愛されるスキー場になってきております。
会場内には地元の味が楽しめるテントの屋台。ステージでは栄ふるさと太鼓の演奏から始まり栄村の子どもたちの様々なパフォーマンスが行われ、恒例の信州プロレスでは、雪で造られた 特製リングでのプロレスごっこは、大変な人気で笑いの大歓声があがっておりました。 フィナーレは、幻想的な満天の夜空いっぱいに、スキー場 20 周年記念特別スターマインに お客様は大満足でした。 さかえ倶楽部スキー場


 

撮影日:3月12日 新潟県津南町 つなん雪まつり

例年3m以上の雪で覆われる豪雪の地・津南町。この厳冬の里に冬の終わりとともに暖かな春の 訪れを告げる 「つなん雪まつり」 が、ニュー・グリーンピア津南をメイン会場として行われました。 津南に暮らす人々が「雪」と闘うことから共存・利雪し、楽しみへと変えようという気持ちから誕生したイベントです。会場内では、スノーボーダーによるストレートジャンプ「SNOWWAVE」が行われ全国から 参加者が集まりその技を競っておりました。

また、家内安全・無病息災を祈願する「どうろく神焼」「天狗」の伝統行事が行われ古くから伝わる 雪国文化を体験することができ、記念撮影をされるお客様もおり和やかな雰囲気でした。 夜は、「スカイランタン」が2000個打ち上げられ、雪原の大自然の夜空を彩る中で、願いを込めて 舞うスカイランタンは大勢のお客様が喜んでおられました。  津南町観光協会

 

ニュー・グリーンピア津南 では、スカイランタン体験を毎日行われております。 春休みの雪国体験と思い出に、スカイランタンに参加してみてはいかがでしょうか。

■開催日 4月3日まで毎日開催  ■時 間 平日 18:00~ 土曜日 18:00~ 20:00~ (2回)

■参加費 1個 500円  ■申込み フロントへお申込みください


 

撮影日:3月3日 須坂市 世界の民俗人形博物館

ひな祭りの本日は、須坂市の巨大な雛飾りで有名な「三十段飾り 千体の雛祭り」を見学してきました。天候にも恵まれひな祭りを祝うご家族や、団体旅行で立ち寄られたお客さんで一日大賑わいでした。

この企画展は1月20日からスタートしましたが、実は今日から4月3日まで行われるスペシャルメニューがあります。それは「お雛様なりきり体験」といって彩り豊かな着物を着させてもらい、お姫様になりきって思い出の写真を撮ろ〜・・・というものです。期間中毎日午前10時〜10時30分、午後2時〜2時30分の1日2回希望者は無料で体験できます。(小学生低学年位までのご利用です。)詳しくは 世界の民俗人形博物館 のサイトをご覧ください。

Copyright (C) 2008 The Sinshu. All Rights Reserved.