信州、長野の観光情報サイト THE信州  信州の冬のイベントや信州の温泉宿など気になる情報が盛りだくさん!

THE信州
バナー広告  

信州の彩り

THE信州スタッフが各地を日々取材や風景の撮影などでおじゃましていますので

スタッフが見たり聞いたりしたことをご紹介します。

バックナンバーです。

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2018年 1 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2017年 1 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2016年 1 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2015年 1 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2014年 1 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

  2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年

 

市町村マップはこちらへ。

 

THE信州おすすめブログ

 信州*山の色=川の音(信州各地を撮影しているカメラマンのブログです)

2019年 5月のデータです。

撮影日:5月24日  小海町 松原湖高原

晴天の中八ヶ岳がくっきりと見え、松原湖では多少風がありましたが、湖面に映りこむ八ヶ岳の写真を撮ることができました。

高原野菜の畑もシルバーのマルチが敷かれて、近いうちにレタスなどが植えつけられると思います。作付けが済むとまた一段と高原らしさが増しますので夏にまた行ってみたいと思います。

小海町観光協会


 

トウゴクミツバツツジ

 

ヤマツツジ

 

カラマツの芽吹き

撮影日:5月23日 佐久穂町 八千穂高原

白樺の新緑が美しい八千穂高原です。

まだ春が始まったばかりのようでヤマツツジなど咲いている所もありましたが、有名な貴婦人と呼ばれている大きな株のトウゴクミツバツツジは全く咲いていませんでした。

天気予報によると、この週末にかけてかなり気温が上がるそうなので、これから先トウゴクミツバツツジやレンゲツツジ、小梨の花など一気に咲き賑やかになると思います。

佐久穂町観光協会


 

19日の中で最長コース18kmに参加の皆さんです。

 

スタートからおよそ7km地点のサッポロぶどう園です。ここからの眺望も素晴らしく、真ん中の三角の山が地域のシンボル有明山です。雲がもう少しなければ視界いっぱいに北アルプスが飛び込んでくるのですがちょっと残念でした。

 

お昼は北アルプスと池田町の景観を一望できるクラフトパークを会場に、豚汁やおにぎりなどがふるまわれました。

 

池田町ガイドマスター会のメンバーがウォーキングしながら所々の名所で丁寧にガイドしてくれる5kmのコースです。

 

こちらもガイド付きのコースです。

撮影日:5月19日 池田町 第12回いけだまち北アルプス展望ウォーク

ツーデーウォークとして18日(土)、19日(日)に行われた北アルプス展望ウォークです。(撮影は全て19日です)

二日間でおよそ450人ほどの参加者が集まったそうで、田植えがちょうど終わった美しい田園風景を眺めながら、天候に恵まれ青空のもと爽やかな信州池田町を楽しまれたのではないでしょうか。

参加者にはリピーターも多く、「こんな綺麗な北アルプスを眺めながら歩く20kmなんてもの足りません! もっと歩きたい!」なんて言う強者もいらっしゃいました。

ウォーキングのイベントと聞くと20kmや10kmといった長距離コースを歩くイメージがありますが、池田町ではガイド付きのウォーキングも参加者が多く、ガイドマスターの方と町内の名所などおよそ5kmをガイドを交えてのんびりゆったり歩くというもので、初心者の方でも気軽に参加できる最近人気のあるコースです。

池田町観光協会


 

馬曲温泉に隣接している梨の木荘周辺のヤマブキの花

 

 

野面積みの石垣とヤマブキは結構いいですね。

 

この辺りは八重の品種が多いです。

近代の園芸品種かと思いきや、1086年頃の〇〇和歌集に「七重八重 花は咲けども山吹の 実の一つだに なきぞ悲しき」と謳われているそうで、今からおよそ930年前にはすでに八重の品種があったという事をネット上で知りました。

 

飯山市瑞穂 田植えが始まって田園風景も美しさを増しました。

 

北竜湖に隣接している茅葺き屋根の北竜湖資料館。菜の花もまだまだ楽しめそうです。

 

道の駅「花の駅・千曲川」の周辺からは千曲川の河川敷に広大な菜の花畑が... 奥の山は木島平スキー場がある高社山です。

 

和名:ヒトリシズカ(一人静)と言いつつも大変賑やかに群生しています。

 

イカリソウ 北竜湖の小径に入ると結構あちこちで見かけます。

 

シャガ こちらも北竜湖周辺で見つけました。花菖蒲に似ていますが花も草丈も小ぶりで可愛いです。

撮影日:5月15日 木島平村 やまぶきの里、他

昔、地元の源さんというおじいさんが馬曲地区一帯をやまぶきの里にするとの思いから、植え付けや管理が始まった木島平村のヤマブキの花が見頃を迎えました。

例年ですと花の時期に合わせ、「望郷の湯 馬曲温泉」でやまぶき祭りを開催し多くの人で賑わうのですが、今年は諸事情により開催しないとの事でいつもより見学者も少ない中撮影して来ました。

また、山間部の小径に入ると、春の可憐な花が結構咲いていて、花三昧を楽しんで来ました。

菜の花も先週撮影した飯山のメイン会場はすでに散っていましたが、現在でも場所によっては上の写真のような光景が見られます。  木島平村観光振興局  信州いいやま観光局


 

 

 

 

近づいて見るとだいぶ下の花びらが散っていますので、

少し離れて高台から眺めることをお勧めします!

撮影日:5月8日 飯山市 菜の花公園、木島平村 樽滝

今年のゴールデンウィークはちょうど飯山市の菜の花が満開を迎え、訪れた大勢のお客さんは大満足だったと思います。

今日は花のピークとお客さんのピークを少し過ぎた菜の花公園を見てきました。

ピークを過ぎたとはいえまだまだ黄色の絨毯は健在で、写真の様な広大な菜の花畑を楽しむことができます。

天候にもよりますが、雨や風がなければ今の状態が維持されてこの週末もまだいけるのではないでしょうか。

信州いいやま観光局

 

午後はお隣の木島平村の幻の滝と言われている樽滝を見てきました。

年に2回だけ柱状節理の岩盤に上流の発電所の導水路から放水されて美しい滝が出現します。

春は毎年5月8日の王滝不動明王例祭に合わせての放水と、秋は紅葉の見頃に合わせ放水されます。

木島平村観光振興局

Copyright (C) 2008 The Sinshu. All Rights Reserved.