信州、長野の観光情報サイト THE信州  信州の秋のイベントや信州の温泉宿など気になる情報が盛りだくさん!

THE信州
バナー広告  

信州の彩り

THE信州スタッフが各地を日々取材や風景の撮影などでおじゃましていますので

スタッフが見たり聞いたりしたことをご紹介します。

バックナンバーです。

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2018年 1 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2017年 1 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2016年 1 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2015年 1 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2014年 1 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2013年 1 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月
 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月
 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

 

市町村マップはこちらへ。

 

THE信州おすすめブログ

 信州*山の色=川の音(信州各地を撮影しているカメラマンのブログです)

2019年 7月のデータです。

白馬アルプスホテルを出発、徒歩5分から10分程度でホタルの郷へ。

 

ホタルの郷は整備された公園になっていて、小川が3段に設けられ、それぞれの小川付近からホタルが舞い上がります。

 

ヘイケボタルの点滅は短いので映り込んだ光も思ったほど長くなく残念でした。長い距離発光したまま飛んでくれる(カメラマン的には嬉しい)ゲンジボタルも結構いたように思いましたが、気温が低くて今一元気がありませんでした。

6時半ごろから9時ごろまでホタルの会の皆さんが入り口付近で案内をしてくれます。

この公園はホテルやペンションに隣接している事もあり、家族連れや学生の団体さんなど多くの方が観賞していました。

撮影日:7月24日 小谷村白馬乗鞍高原 ホタルの郷

全国でも珍しく6月から8月中旬頃まで長期間鑑賞できるホタルの乱舞を見てきました。場所は白馬アルプスホテルから歩いて約5分から10分程のよく整備されている「ホタルの郷」。夜道を歩きますので宿泊者の方はフロントで案内を受けてから出かけてください。距離的にも夕涼みを兼ねて散策するにはちょうどいい距離だと思います。また、ホタルの郷は駐車場もありますので車での来場も可能です。

この場所のホタルはゲンジとヘイケ両方を見ることができ、白馬乗鞍ホタルの会の発表だと今日はゲンジボタル30匹、ヘイケボタル130匹との事でした。確かに暗闇に点滅している数は多く見応えがありましたが、夕方から気温が少し下がり23度ほどになってしまいホタルが気持ちよく乱舞するには気温が低すぎた様です。

白馬アルプスホテル


 

撮影日:7月23日 飯山市戸狩温泉 あじさい寺

北信濃のあじさい寺として親しまれている高源院のあじさいを見てきました。例年だともう終わっている時期ですが、今年は春先すごく冷え込んだり、6月、7月も日照時間が短く気温があまり上がらなかった様で、現在でもあじさいの花を楽しむことが出来ます。(花のピークは過ぎていて、ドライフラワーの様になっている花も目立つ状態です。)

明日あたり長かった梅雨も明けそうですので梅雨の代名詞とも言えるあじさいもそろそろ見納めといったところでしょうか。

戸狩観光協会  あじさい寺 高源院(お寺の民宿 高原荘)


 

上林ホテル仙壽閣

 

夕方6時ごろ全体の風景を撮影、蛍が舞いだしたらその都度10秒ほど露光する。

膨大なカット数の中からまーこれかな〜って感じのカットを今回は35枚ですが選び背景の写真と共にパソコンで合成しています。

合成と聞くと今で言うとFakeと言う方もいらっしゃると思いますが、普段皆さんが見ている花火や蛍の写真などはこの様にして一枚の写真に仕上げています。

撮影日:7月8日 山ノ内町 上林ホテル仙壽閣のホタル

長野県内最大級の湧出量を誇り、なんと温泉の量は毎分720ℓ、1日1,036tが湧き出し、その全てが掛け流されていると言うなんとも贅沢な温泉宿「上林ホテル仙壽閣」では今、蛍の乱舞がピークを迎えています。

仙壽閣では蛍が2箇所で見られるとのことで、ホテル敷地内の中庭ともう1つはホテルに隣接した小さな池。今回はこの小さな池で乱舞する蛍を見てきました。

およそ6時〜8時50分の間撮影しながら見てきましたが、蛍の発光には波があり、2、3分一斉に光っては5分ほど休むと言った感じで、当たり前ですが発光する場所や飛行する長さなど思った様にいくはずも無く撮影も中々ヨシッてところがありませんでしたが、9時近くになって突然スコールの様な大粒の雨が降り出してくれたお陰で帰る踏ん切りが付きました。

支配人さんの話によるとここの蛍はゲンジボタルで15匹ほでいると言っていましたが、今日は30匹ほど乱舞していましたので今がピークと言っていいと思います。

今回の場所は宿泊者以外でも見ることができる場所ですが、暗闇の中、案内板もありませんのでご覧になりたい方は一度フロントにお声がけしていただいた方がいいと思います。

Copyright (C) 2008 The Sinshu. All Rights Reserved.