信州、長野の観光情報サイト THE信州  信州の冬のイベントや信州の温泉宿など気になる情報が盛りだくさん!

THE信州
バナー広告  

信州の彩り

THE信州スタッフが各地を日々取材や風景の撮影などでおじゃましていますので

スタッフが見たり聞いたりしたことをご紹介します。

バックナンバーです。

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2018年 1 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2017年 1 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2016年 1 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2015年 1 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2014年 1 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

  2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年

 

市町村マップはこちらへ。

 

THE信州おすすめブログ

 信州*山の色=川の音(信州各地を撮影しているカメラマンのブログです)

2019年 8月のデータです。

 

撮影日:8月16日 小海町 松原湖灯籠流し花火大会

小海町の松原湖で毎年8月16日の盆送りの送り火として行われる灯籠流しと花火大会です。

台風の影響など心配でしたが、雨もなく適度な風により花火自身の煙が吹き飛ばされ、常にクリアな空に打ち上げられた花火はとても綺麗でした。

また山に囲まれている松原湖は、花火の打ち上がる時の音も内臓に響き渡るほどの大音響で迫力がありました。

小海町 小海町観光協会


 

撮影日:8月11日 南相木村 立原高原キャンプ場

標高1,400mの高原にある立原高原キャンプ場です。オートキャンプやコテージなどの施設が充実していて人気があり、本日はキャンプサイト、コテージ共に満員状態でした。

近くには日帰り温泉施設「滝見の湯」があり、温泉も楽しみに来ましたというお客さんも結構いました。

上の写真では大人数のグループでも対応できるオートキャンプサイトA・Bとコテージエリアを紹介していますが、林間キャンプサイトはソロキャンプや少人数のツーリング仲間などに人気があるエリアで、林間の中お隣と適度な距離がありプライベートな空間を維持できる感じになっています。


 

滝沢牧場

 

滝沢牧場

 

滝沢牧場

 

南牧村農畜産物直売所

 

南牧村農畜産物直売所

 

国立天文台野辺山

撮影日:8月6日 南牧村 野辺山高原

高原野菜の産地、また避暑地としても人気のある野辺山高原です。

上の写真のように高原野菜の畑がカラフルですごく綺麗です。野辺山の標高は1,300m前後と高地で、昼夜の寒暖の差が大きいので美味しい野菜が収穫できるそうです。

野辺山高原では、動物とのふれあいや様々な体験ができる滝沢牧場や、45mの巨大な電波望遠鏡がシンボルの国立天文台野辺山、高原野菜の直売処など多くのお客さんで賑わっていました。

南牧村観光協会


 

松原湖高原キャンプ場の管理エリアから少し出て散策すると、高原野菜の広い農地に出ます。

遠くに八ヶ岳を眺めるビューポイントです。

 

小海リエックスホテルの入り口にある白樺林はよく手入れされていて、灌木や草などが無く、美しい白樺林を見ることができます。

 

まだ来場者のピークを迎えていないオートキャンプ場。お盆前後にはこんなゆったりしたキャンプはきっと出来ないでしょう。

 

中学生以下が利用できるこども専用の釣り堀。後ろの池は大物狙いの本格的な釣り堀です。

撮影日:8月4日 小海町 松原湖高原キャンプ場

施設のパンフレットやTHE信州に掲載する為、松原湖キャンプ場を中心に周辺の施設などで夏を満喫しているお客さんの様子を撮らせていただきました。キャンプ場の周辺施設としてはアスレチック、マレットゴルフ、パターゴルフ、釣り堀、日帰り温泉の八峰の湯、高原美術館などがありわずかな移動距離で楽しむことができます。

小海町は晴天率が高く、今日もお昼近くまでしっかりと八ヶ岳が良く見えていたので遠方からのお客さんも満足だったのではないでしょうか。

本日撮影を快く承諾してくださいました皆様どうもありがとうございました。

松原湖高原キャンプ場(小海町開発公社)

Copyright (C) 2008 The Sinshu. All Rights Reserved.