信州、長野の観光情報サイト THE信州  信州の秋のイベントや信州の温泉宿など気になる情報が盛りだくさん!

THE信州
広告  

過去の特集記事もご覧ください。

2018年 冬号 高森町 市田柿 / 春号 松本市新奈川温泉 旅館鳥屋沢 / 夏号 小海町 たかちゃん・ふぁーむ / 秋号 飯山市 旬菜料理はたの

2017年 冬号 野沢温泉村 とみき漬物 / 春号 中野市 押鐘園 さくらんぼ / 夏号 松本市奈川 好きですね奈川 / 秋号 飯山市 角口酒造店

2016年 冬号 南牧村 野辺山霧下キムチ / 春号 小海町 珈琲焙煎工房2+1 / 夏号 佐久市 銘菓「五稜郭」玉屋 / 秋号 佐久穂町 りんごやSUDA

2015年 冬号 高森町 信州市田酪農 / 春号 飯山市 田中屋酒造店 / 夏号 さかえむらトマトジュース / 秋号 木島平村 芳川養蜂場

2014年 冬号 須坂市 楠わいなりー / 春号 木島平村 オーベルジュ・グルービー / 夏号 栄村 山ぶどうバッグ / 秋号南相木村信州田舎暮らし

2013年 冬号 佐久穂町 きたやつハム / 春号 佐久穂町 八千穂漁業 / 夏号 南牧村 滝沢牧場 / 秋号 松本市・乗鞍高原 樽スピーカー

2012年 冬号 池田町 陶芸 / 春号 白馬村 革バッグ / 夏号 津南町 染織 / 秋号 信濃町 暮らしの人形

2011年 冬号 白馬村 木彫りアート / 春号 須坂市 はんこ / 夏号 塩尻市 ボタニカルアート / 秋号 飯山市 シュガーアート

2010年 冬号 須坂市 ミニ和紙人形 / 春号 筑北村 木工スプーン / 夏号 松川村 古布手芸 / 秋号 池田町 バッグ

2009年 冬号 須坂市 まゆ人形 / 春号 布ぞうり・布スリッパ / 夏号 南相木村 機織り / 秋号 小海町 木彫り人形

2008年 冬号 中野市土人形 / 春号 松川村お面 / 夏号 信濃町南米民族音楽 / 秋号 佐久穂町創作リース

最新記事にもどる

この記事は2010年夏号です

野布の友
左から滝沢常盤さん、太田恒子さん、
甲斐沢紀代子さん
お問い合せは 松川村役場経済課 商工観光係
TEL.0261-62-3109

 「気に入った布を切るのには、なかなか勇気がいりますね。たまに出してみて眺めたり、悩んだりするのも楽しいです」と甲斐沢紀代子さんは話す。作務衣やもんぺなどの日常着に使われていた木綿の丈夫な“かすり”が若い頃からずっと好きで、集めてきたのが古布(こふ)好きになった始まりだと言う。

 ご近所同士の滝沢常盤さん、太田恒子さんと3人で、古布を使った小物づくりをしている。古布の持つ色あせない魅力に魅せられ、古布好きから、いつしか古布を生かす作品づくりに夢中になった。

 甲斐沢さんは、“さるぼぼ”のお人形や猫の人形、うさぎのブローチなどを作っている。さるぼぼとは、縁起の良いお守りの意味があるお人形。孫が生まれた時に作ったというさるぼぼのつり雛は、古布の色あざやかな上品さと可愛いらしさが際だつ。

 滝沢常盤さんは、もんぺやはんてん、お地蔵さんの人形などを作っている。竹の棒に、まるで洗濯をして干してあるような、もんぺやはんてんの飾りは懐かしい田舎の情景が浮かぶ。にっこりと微笑むお地蔵さんの人形も、落ち着いた色の古布を使っていて、ビーズの小さな数珠まで手づくりしている。

 太田恒子さんは、小さな着物やはんてん、お手玉などを作っている。昔の小さな子どもが着ていた古布などを使った縮小版の着物は、お手製の着物掛けに飾られている。裏表で違う古布を使った小さな半てんの飾りも、あたたかく、微笑ましい作品だ。

 作業をする時は、それぞれ別々に作っているが、3人が集まれば、楽しい古布のおしゃべりが始まる。

 「きれいな紫や赤色よね。ずっと昔の時代にこんなきれいな布をつくる技術があったなんて、とても不思議」と太田さん。色鮮やかな古布のはぎれを見ながらそう話す。

 「時代を経て、大事にされてきた100年も前のものを、私たちが買って自分の趣味として、何かの形にして活かせる。そういう風に思うと、ありがたい、うれしい事だなと思っています。ただ戸棚の奧に眠っているだけでは、もったいないなと思います」と滝沢さんは話す。

 「古布は見ているだけでも楽しいし、探すのも楽しい。ただ値段を見て苦しくなったりもするけれど(笑)」。欲しいものがあっても、値段が高い物もあり、一枚の着物を一緒に買って3人で分ける事も。ここ何年かの間に古布のリメイク服が流行り、古布屋には古い着物が多く出まわるようになったそう。古布屋、リサイクルショップ、旅先の店で…。探す楽しみも魅力のひとつだ。

 小物づくりのひらめきは、出かける事。あちこちで開催されている人形展やイベントをはじめ、大自然の中の花々を見たり、旅先のお土産屋さんを覗いたり作りたいイメージはそこかしこに。まず手を動かして作ってみる。自分でイメージをしながらアレンジをして新作を作っていく。初めは時間がかかって、ほどいたり縫ったりしていたというが、今では古布の個性を活かす物づくりをいつも考えるようになった。ひとつひとつが違うオリジナルの3人の作品は、道の駅安曇野松川「寄って停まつかわ」で展示販売をしている。

 現代に受けつぐべき、古布の美しさ、あたたかさ、鮮やかさ。“野布の友”の3人は作ることを楽しみながら、眠っている古布の魅力を発信していく。

*******************************************

 豊かな自然に囲まれた松川村は鈴虫の里としても知られ、道の駅安曇野松川の施設内にも鈴虫用の加温室がある。毎年7月頃には『すずむし宅配便』が始まり、鈴虫の音色を届けている。3人もこの鈴虫を育てる「こぶし会」に何年も前から参加している。甲斐沢さんのご主人が発起人となり、全国に発送している。


“野布の友”3人の作品。さるぼぼ、お地蔵さん、もんぺやはんてんの飾りなどを道の駅安曇野松川で販売している。
 
古布の個性を生かしながらの作品づくり。
 
ハサミやものさし、糸など小物づくりに欠かせない道具。作りかけのうさぎの人形も。
 
甲斐沢さんが集めた古い着物の一部。色づかいがとても鮮やか。
 



有明山と一面に広がる田園風景(松川村)
 雪が残る雄大な北アルプス連峰の眺望が美しい信州安曇野・松川村。“信濃富士”と呼ばれる有明山がそびえ立ち、のどかな田園地帯が一面に広がっている。青々と育つ稲が爽やかな風に吹かれてゆれる、日本の美しい村の風景がここにある。美味しいお米の産地としても知られ、松川村産コシヒカリ『鈴ひかり』が人気だ。この村は、繊細でやさしい絵が多くの人々に愛されている“いわさきちひろ”の心のふるさとであり、『安曇野ちひろ美術館』には県内外から多くの観光客が訪れている。
 甲斐沢紀代子さん、滝沢常盤さん、太田恒子さんは松川村在住でご近所同士。時代を経た古い布の美しい模様、柄など昔の人の技法、その布に魅了され、古布(こふ)を使った小物づくりをしている。

 

Copyright (C) 2008 The Sinshu. All Rights Reserved.